32分音符のリズムの数え方は?弾き方のポイントと速く演奏するコツは?

目次

32分音符とは・・・・?

ここまでたどり着いている方は、
32分音符について、知識のある方、
わかっている方だと思いますが、おさらいしたいと思います。

図は、4分音符・8分音符・16分音符・32分音符の順番に並んでいます。

32分音符とは、4分音符を、一つ演奏する間に8個の音が鳴るということ。
まぁ、早いスピードで演奏しなくてはいけない音符となります。

難所となることが多いですね。

 

数え方

言葉を当てはめてみる

先ほどの図にある32分音符を数える場合に、
「タカタカタカタカ・・・・」と数えて弾くのもいいのですが、
それだと、なかなか数えづらいです。

なので、私は、言葉を当てはめるようにしています。

歌の歌詞を作るみたいにすると、数えやすいです。

32分音符の場合は、8文字の言葉を当てはめると
うまく、数えられます。

例)
グレープフルーツ、かーさんとーさん、
いもうとおとうと、かつどんていしょく、などなど。

お子様のレッスンの時には、一緒に8文字になる言葉を考えるのも面白いと思います。
意外と、生徒さんの名前や、お母さん・お父さんの名前が8文字だったりします。

 

例:4分の4拍子の場合

4分の4拍子の曲で、こんなリズムなら、「グレープフルーツ」を唱えながら、
ピンクで書いてある文字の場所で、音符を弾くと、
うまくリズムに合った演奏ができます。

 

例:8分の6拍子の場合

8分の6拍子の場合は、8分音符が1拍になります。なので、こうなります。

 

注意!

「グレープフルーツ」や、「グレープフルーツだいすき」を唱える時に、
早くなったり遅くなったりしては、いけません!
お坊さんのお経のように(お経も揺らぎはありますが・・・。)
一定のスピードで歌うことが大切です。

 

ぜひ、やってみてください。

 

弾き方の注意点

32分音符は、早いスピードで演奏することを求められる場所です。
作曲家にもよりますが、坂を下り落ちるような感じや、
雨がザーザー降っているような場面を表現する時につかわれます。

特に、ピアノの楽譜には多い音符で、
コンクールなどの試験曲に指定されるような「エチュード」には多くみられる音符だと思います。

 

ポイント1:音量は一定に、もしくは滑らかに弾けているか?

例えば、先ほどのこちらのような楽譜。

32分音符の「グレープフルーツ」の音量がこんな感じで、ガタガタしていませんか?

こちらは、「グ」が大きくて、「プ」が小さすぎ。そして「ル」が大きすぎます。
このような音量になっていると、とっても雑な印象を受けます。

 

 

滑らかというのは、音量がこのような感じで、徐々に大きくなる場合のことです。

 

 

ポイント2:一定のスピードで弾けているか?

例えば、先ほどのこちらのような楽譜。

32分音符の「グレープフルーツだいすき」の部分が、
「グレープ フールーツ だーいすき」みたいな
演奏になっていませんか????

これだと、一定のスピードで演奏できておらず、「よれてる」という表現のされ方をします。

 

演奏のコツ

結局、このような早いスピードの音符を演奏する場合は、
脱力が必要になります。
ここではチェックポイントだけご紹介します。

腕に力が入っていないか?

よく、アニメの「ポパイ」の腕のようになっていませんか?と、
紹介しますが、
肘から指の先までの筋肉が、緊張していないですか?ということ。

何かを握るような、
グーにするような力が入っている場合は、
脱力ができていません。

 

お湯をかき混ぜる時のような力加減

お風呂が熱い場合、自分の手で、少し、かき混ぜたりしませんか?
水相手ですから、そんなに力を入れて、かき混ぜないはず・・・。
その時の力の使いかたを、ぜひ応用してみてください。

 

指の先で演奏できているか?

よく、指を立てて、丸めて演奏しなさい!などど、
ご指導されている方もいらっしゃるかもしれませんが、
早い音符は、指の先で演奏することがポイントです。

 

ぜひ、試してみてください。

 

 

まとめ

32音符は、きちんと数えて、基本の手の形で演奏する。
基礎力が試される部分です。

頑張ってください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる