ピアノのコードを弾くコツ!3コードだけで弾ける簡単な曲とは?

目次

初めは、白鍵盤だけからスタートしてみる!

コードは、黒い鍵盤が入ってくるといきなり、複雑になります。
まずは、白い鍵盤だけで、コードを弾けるようになりましょう!

右手でメロディーが弾けなくても、歌いながら、左手でコードを弾くと、
弾き語りのような感じで、曲全体の雰囲気はつかめます。

 

まずは、重要な、3つのコードを覚えていきましょう!

 

ピアノのコードを弾く時の指番号

コードネームがある程度わかった!という皆様。

「わからん。」という方は、こちらをご覧ください。

[blogcard url=”http://marisa.fun/chord-easy-method/”]

こちらの記事では、コード3和音の一番下の音しか、考えていませんでした。

この青色の音符だけを考えていました。

 

続いては、その上の部分。
団子三兄弟の上二人の兄弟について考えます。

 

重要なのは、指番号

何事も、フォームは大切!

まずは、左手をパーの状態にして、小指で、”ド”を弾いてみてください。

そのまま、鍵盤の上に全部の指を乗せて〜
軽く、ぐーを作ります。

ちょっと握る感じとか、指を丸めるとか表現される形です。

 

はい!この軽くグーを作るときに、”ソ”の場所に、親指を乗せます。

この時!

白い鍵盤に一本ずつ指をセットすると、
簡単に「ソ」を見つけることができます。

この手の膨らみ方は、きっと手の大きさそれぞれ、人によって違うはず。
このフォームが基本フォームです。

 

“ド”“ソ”を、鳴らすことはできたでしょうか?

 

これが、団子3兄弟の末っ子と長男。

 

必ず、小指と親指で演奏してください!

指番号を制するものが、ピアノを制するといっても過言ではないぐらい、
指番号は、大切!

 

指番号を守れば簡単に3つの和音を弾ける

ここまでできたら、あとは、中指の下にある鍵盤を押すだけ。

 

すると、このコードを鳴らすことができます。

 

必ず、小指・中指・親指を使うようにしてください!

 

動画での解説は、こちら

 

 

曲を弾いてみよう!

最重要コード「C・F・G」をマスターしよう!

先ほど、「C」はすでにやりました。

 

続いては「F」を探します。

「F」=「ファ」

「ファ」に小指を置いて、白い鍵盤一つずつに指を置くと、
素直に、「ファ・ラ・ド」を探すことができます

 

続いては「G」を探します。

「G」=「ソ」

「ソ」に小指を置いて、白い鍵盤一つずつに指を置くと、
素直に、「ソ・シ・レ」を探すことができます。

 

これで、準備は完璧。

「C・F・G」を、探すことができました。

 

曲を弾いてみよう

この3つのコードで、弾ける曲は、多いです。
これで、かなりの曲が弾けます。

まずは、
「ハッピー・バースデー・トゥーユー」

歌いながら、左手でコードを弾いてみてください。

 

童謡は、このコードだけで弾ける曲が多いです。
「大きな栗の木のしたで」「とんぼのめがね」「ふるさと」

ディズニーでは「ミッキーマウスマーチ」

洋楽では、エアロスミスの「I Don’t Wanna Miss a Thing」
「テネシーワルツ」や、「アメージンググレイス」

ポップスは、ドリカムの「Love Love Love」のサビ。

ジャズだと、「聖者の行進」

クラシックでは、「よろこびの歌」「メヌエット(ペツォールト)」

 

などなど・・・・。

 

一部分だけになる曲もありますが、これだけの曲が、「C・F・G」だけで弾けるんです!

すご!!!

 

まとめ

ピアノでコードを弾く場合は、必ず、指番号を守ってください!!!
3つコードが弾ければかなり、ピアノの世界は広がるはず!
ぜひ、トライしてみて下さい!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる